1996年 紙パ技協誌 目次

[プリント用ページ]
表題 著者
1996 50 01 新年のごあいさつ 大國 昌彦
1996 50 01 基調講演 大國 昌彦
1996 50 01 紙パルプ工場の地震被害状況と対策--1994年三陸はるか沖地震-- 千田 嶺生
1996 50 01 平成7年度年次大会全般報告 総合企画専門委員会
1996 50 01 平成7年度年次大会展示会 総合企画専門委員会
1996 50 01 平成6年紙パルプ技術協会賞及び印刷局朝陽会賞受賞者  
1996 50 01 平成6年紙パルプ技術協会賞受賞者あいさつ  
1996 50 01 平成7年度年次大会Aセッション一般講演の概要  
1996 50 01 平成7年度年次大会ラウンドテーブルディスカッション概要  
1996 50 01 海外植林とバイオテクノロジー 柴田 勝
1996 50 01 紙パルプ設備(5KP)の操業経験 伊藤 等
1996 50 01 LMD付ライムキルンの操業経験 川田 正人
1996 50 01 抄紙機ドライヤー表面汚れ防止システムの開発 関谷 邦夫
1996 50 01 #10m/cトータルベルランの操業経験 吉川 秀雄
1996 50 01 デュオフォーマーDの操業経験 石塚 豊
1996 50 01 MHフォーマRF,RBの開発について 坂東 貴司
内藤 和宏
増田 弘
松本 正信
蓮池 牧雄
岩田 弘
1996 50 01 Duoformer-FDの操業経験 青野 隆夫
1996 50 01 N5m/cデュフォーマ・F)の操業経験 藤崎 夏夫
1996 50 01 新しいシュープレズNFPの紹介 村川 潤
1996 50 01 新型ヘッドボックス・シムフローD 外館 秀一
1996 50 01 板紙の搾水効果の向上及び物性の改善技術について--ロールプレスパートの改善コンセプト-- 牧田 輝夫
桜林 皓
1996 50 01 #3C/Mダブル塗工の操業経験 安藤 徹
1996 50 01 富士工場N-Jマシンの操業経験 大石 徹
1996 50 01 ブッシュ式シンクロカッターの開発過程と操業経験--従来の概念を覆すカッター-- 岡田 誠
岡橋 義春
1996 50 01 新しい加圧浮上装置の操業結果と活性汚泥処理への適用--沈澱槽処理に代わる小型・省スペースの加圧浮上型クラリファイヤーの実施例-- 金沢 毅
1996 50 01 嫌気性菌による排水処理プラントの操業経験 大橋 暁
谷口 直樹
1996 50 01 家庭紙スラッジによる軽量骨材の試作--コンクリートへの利用-- 小河 廣茂
佐藤 幸泰
白木 一三
小木曽 春男
1996 50 01 塗工量プロファイル制御 佐々木尚史
1996 50 01 最近のドライブシステム--ACワインダ、PC応用システム-- 関根 茂
1996 50 01 幅方向塗工量に関する新しい計測制御技術について 渡辺 憲幸
1996 50 01 抄紙機の水分制御の一方式 森 亮一
1996 50 01 プログラマブルコントローラの動向制御 青木 正夫
1996 50 01 省エネルギーにおけるインバーター可変速技術の現状と展望 柴田 孝司
1996 50 02 平成7年度年次大会Bセッション一般講演の概要  
1996 50 02 “アジア及び環太平洋における技術交流に対する国際会議”報告 国際技術交流委員会
1996 50 02 新王子製紙・春日井工場 王子製紙
1996 50 02 日本紙業・小松島工場 日本紙業
1996 50 02 最新型ライムキルンとその納入実績 Jouni Jåntti
末本 良一
1996 50 02 最新のオゾン利用技術 富家 和男
豊田 公義
1996 50 02 活性化酸性過酸化物によるクラフトパルプの脱リグニン Jukka Jäkärä
Juka Patola
辻野 孝行
1996 50 02 ポリビニルホルムアマイド/ポリビニルアミン--新世代の製紙用薬品-- Werner J. Auhorn
Freidrich Linhart
小林 千益
1996 50 02 新しい中性用乳化サイズ剤 田原 敏弘
松島 邦彦
小口 修生
1996 50 02 高濃度紙力増強剤--ポリアクリルアミド溶液物性と紙力発現性能-- 土岐 宏俊
大柳 俊樹
石垣 一志
伊藤 博
1996 50 02 紙コーティング用保水・流動性改良剤について 大井 裕文
1996 50 02 UV塗工紙のリサイクル性について--リサイクル性付与へのアプローチ-- 進藤 成人
1996 50 02 新規表面処理剤について 瀧下 雅之
1996 50 02 ゲートロールコーターのメタリングロールの表面保護対策 高岸 久和
1996 50 02 誘発発熱ジャケットロール--製紙における高温カレンダロールの展開-- 岡本 幸三
1996 50 02 白水回収とスライム処理 上田 文博
忠 錦吾
三枝 隆
1996 50 02 生物処理における余剰汚泥減量化--生物膜法と活性汚泥の二段処理による余剰汚泥の減量化-- 丹羽 博則
西 暢人
1996 50 02 硫黄系悪臭物質の無害化に関わる化学的処理法 沼田 繁明
渋谷 総一
1996 50 02 新規な透気度試験機による耐プリスター性に関する研究 松田 信弘
小林 泰治
渡辺 武
鶴岡 勝彦
新ヶ江 滋
1996 50 02 生物試験による紙パルプ工場排水の環境影響評価 釜谷 保志
鑢迫 典久
南光 浩毅
鈴木 明子
青柳 哲夫
外林 仁志
1996 50 02 新製品「Fiber Quality Analyzer」の紹介 野村 友良
1996 50 02 デジタル摩擦係数測定試験機--水平法に基づいた静・動摩擦係数測定-- 佐川 弘文
1996 50 02 新しいウェブ欠陥検査システムの動向--川下業界の要求品質-- 花房 秀行
1996 50 02 マイクロウェーブ式濃度計MCAの操業経験 牧 秀一郎
1996 50 02 REVAP--クヴァナ黒液濃縮装置における蒸気再循環システム-- 中村 二郎
1996 50 02 蓄熱式燃焼装置 安倉 健治
1996 50 02 インクモトルの要因解析 石川 哲雄
1996 50 02 フルカラーインクジェット適性を持った共用紙の開発 岩佐 哲
1996 50 03 紙パルプ産業の歴史・特徴と地球的意義 飯田 清昭
1996 50 03 第19回紙パルプ計装技術発表会--新展開する計装技術--・計装ショー 全般報告 自動化委員会
1996 50 03 フィンランド工場訪問記 自動化委員会
1996 50 03 北越製紙・市川工場 北越製紙
1996 50 03 SI単位移行に関する調査結果 高木 洋
1996 50 03 FAソリューションを拡大する「ファジイFIによる技術革新」 大八木雅之
1996 50 03 フィードバスの動向について 甲斐 忠道
1996 50 03 パソコンDCSの使用経験 水本 勝
三沢 一幸
1996 50 03 ラテックス計利用による塗工量計使用状況 石崎 和弘
1996 50 03 アッシュ計利用による塗工量測定の試み 長谷川敏之
1996 50 03 カルシウム計利用による塗工量計使用状況 小林 康夫
1996 50 03 ウェットエンドの挙動解析 宮西 孝則
1996 50 03 欠陥検出器に関するアンケート調査結果 柴野 隆三
1996 50 03 汎用センサーのアンケート調査結果 小島 哲郎
1996 50 03 紙パルプにおける計装技術の展開 --プラント運転管理の多角的アプローチと今後の課題-- 野本 明
1996 50 04 三菱製紙・高砂工場 三菱製紙
1996 50 04 抄紙機の腐食と白水システムの進歩的な密閉化 C.B. Thompson
Andrew Garner
1996 50 04 平成6年特許法改正について 河澄 和夫
1996 50 04 ISO規格とJIS(第1報)JISの改正について 内藤 勉
1996 50 04 ISO規格とJIS(第2報)ISO/TC6参加報告 内藤 勉
1996 50 04 ワラ類の化学パルプ化(V)--ワラ類の灰分の性状およびアルカリ蒸解中の挙動-- 中野 準三
津田 祐子
北仲 由美子
1996 50 04 リグニン分解酵素系によるクラフトパルプの漂白(第1報)マンガンペルオキシダーゼによる漂白 原園 幸一
近藤 隆一郎
坂井 克己
1996 50 04 植物バイオテクノロジーの環境問題への適用 遠藤 さおり
松永 悦子
海老沼 宏安
1996 50 04 段ボールシートにおける板紙と引離し接合強度の応力解析(第1報)両面ダンボールの応力と変位状況 松島 理
松島 成夫
1996 50 04 木部形成の生化学と分子生物学の現状 伊藤忠システム機器
タクマ
樋口 隆昌
1996 50 05 中国/北京でのPAPER FAIRに参加して 大坪 孝二
1996 50 05 平成7年度における大学・官公庁研究機関の研究題目に関する調査結果 木材科学委員会
1996 50 05 中越パルプ工業・二塚工場 中越パルプ工業
1996 50 05 スウェーデンの紙パルプ工場における近年の腐食進展の調査 Jan Wåle
Sven Lahti
Göran Sund
1996 50 05 紙パルプ研究の将来像を求めて--パルプ化・漂白に関する研究-- 松倉 紀男
1996 50 05 オゾン処理によるカラマツ材高収率ハルプの改質 小島 康夫
1996 50 05 機械パルプの微生物処理に関する研究(第7報)還元性色素を用いた機械パルプの光による色戻りを抑制する菌のスクリーニング 伊藤 和貴
河村 佳枝
首藤 宏治
沖 妙
橘 燦郎
1996 50 05 最近の計装の話題(第1報)ライト・サイジング・システム 本間 忠一
1996 50 05 製紙用機能化材料としてのバクテリアセルロース 柴崎 秀樹空閑 重則
1996 50 06 日本の焼物文化について 加藤 舜陶
1996 50 06 LCA(Life Cycle Assessment)Symposium参加報告 飯田 清昭
1996 50 06 セニブラ社ペロ・オリエンテ工場 日伯紙パルプ資源開発
1996 50 06 リグニン分解酵素系によるクラフトパルプの漂白(第2報)Phenerochaete sordida YK-624株の生産する粗酵素処理を導入した非塩素系漂白プロセス 土川 圭一
近藤 隆一郎
坂井 克己
1996 50 06 たばこ用巻紙の物性と紙層構造に及ぼす炭酸カルシウムの結晶形状および粒子径の影響 武田 和子
三木田 敦
山崎 晃
佐藤 哲夫
西尾 馨
熊坂 徹夫
下野 和久
田中 宏一
1996 50 06 マルチメディア時代の紙の展開 田原 幸夫
1996 50 06 包装材料に関する開発動向 竹山 三郎
1996 50 06 膨潤パルプの微細孔構造と吸着特性 松田 裕司
尾鍋 史彦
1996 50 07 パネル討論会--日本のパルプ工場の課題 パルプ技術委員会
1996 50 07 私の技術開発の体験--超高圧ケーブル用絶縁紙の開発 武 祐一郎
1996 50 07 紀州製紙・大阪工場 紀州製紙
1996 50 07 過マンガン酸カリウムを用いたKPの新漂白法(第2報)中性条件での過マンガン酸カリウム漂白 小島 康夫
三浦 清
寺沢 実
奥山 寛
横山 勉
1996 50 07 抄紙工程におけるデポジットコントロール剤の最近の技術動向(第1報)デポジット問題の基礎知識とラムイムコントロール剤 江草 清行
1996 50 07 操業管理の手段としての電荷の中性化 Peter D. Buikema
1996 50 07 EPMAによる紙・フェノール積層板中のフェノール樹脂分布状態測定法の検討 濱田 忠平
宮原 利浩
川崎 秀一
1996 50 07 最近の計装の話題(第3報)制御性向上のためのパルプ・ポジション・コントローラ 本間 忠一
1996 50 07 塗工紙の含有水分と圧縮挙動 井上 浩朗
井上 信一
1996 50 08 省エネ・特別講演と実施例セミナー エネルギー委員会
1996 50 08 古紙の脱墨工程におけるオゾンの利用 山口 裕之
矢口 時也
1996 50 08 大手9社のエネルギー使用実績のまとめとエネルギー管理手法 村田 公夫
1996 50 08 石巻工場の燃料転換について 日野 進
1996 50 08 世界最大級の高圧高温回収ボイラの運転実績 藤崎 明彦
1996 50 08 回収ボイラ用容量可変バーナー設置による省エネルギー 追畑 忠紀
1996 50 08 バークボイラIDF回転制御による省電力 上原 一輝
1996 50 08 4号タービン復水器冷却水管薬洗による出力増加について 尾身 武
1996 50 08 エコフィルター能力向上による重油、電力の削減 大沼 平資
1996 50 08 受電量制御改善による受電量削減 手島 和秋
1996 50 08 ボイラー給水ポンプ蒸気タービン駆動の操業経験 吉田 修
1996 50 08 製造工程での回転制御による省電力 園 広幸
1996 50 08 ターボブロワ増速機改造による省エネルギー 奥村 徹
1996 50 08 スメルトディゾルバーの排熱有効利用による給水加温 阿部 正幸
手賀 秀一
1996 50 08 マシン真空ポンプの省電力化

杉田 元義
松田 邦浩
宮崎 修一
川本 健一

1996 50 08 発電所冷却水系統の見直しによる省エネルギー 松浦 武彦
1996 50 08 晒アルカリ排水廃熱回収--KP工程温排水の熱回収による抄紙工程の抄速アップ-- 清水 幸一
1996 50 08 蒸気タービン高効率化改造--高効率翼採用による長時間使用蒸気タービンの効率改善事例-- 長谷川 清
1996 50 08 MF(マルチファンクション)スクリーン設置による省電力 庭木 恵嗣
1996 50 08 製造工程での省エネ事例--平成6年度省エネ実施状況-- 東 芳人
1996 50 08 製造工程での省蒸気事例について--抄紙工程での実施例について-- 谷口 実
1996 50 08 製造工程での省電力事例について--パルプ製造工程での実施例について-- 工藤 真男
1996 50 08 サーフェスコンデンサー温水の有効利用 渡辺 孝
1996 50 08 TMP排熱回収率アップ 渡辺 孝
1996 50 09 ビックプロジェクト(航空機の開発)における開発システムについて 谷岡 忠幸
1996 50 09 第49回定時総会報告  
1996 50 09 Minimum Effluent Mill Symposium参加報告 飯田 清昭
1996 50 09 本州製紙・佐賀工場 本州製紙
1996 50 09 チップハンドリング・クラフト蒸解 土屋 寛
1996 50 09 リグニン分解酵素系によるクラフトパルプの漂白(第3報)リグニンペルオキシダーゼあるいはキシラナーゼとマンガンペルオキシダーゼの併用処理について 原園 幸一
近藤 隆一郎
坂井 克己
土川 圭一
1996 50 09 日本の計装風土 大坪 重紀
1996 50 09 最近の計装の話題(第4報)コントロール弁 本間 忠一
1996 50 09 一様曲げ(流れ方向曲げ)を受ける段ボールの弾性強度と形状(第1報)両面同材のクラフト・ライナーをもつ両面段ボール 松島 理
松島 成夫
1996 50 10 紙業界の物流の現状と将来 田上 量一
1996 50 10 第63回紙パルプ研究発表会の概要 木材科学委員会
1996 50 10 1996 Pan Pacific Conference報告--1996年5月6日〜10日オークランド(ニュージーランド)にて開催 福井 照信
山口 裕之
阿部 裕司
飯田 清昭
1996 50 10 日本製紙・伏木工場 日本製紙
1996 50 10 アルカリ・メタノール・アントラキノン蒸解(第2報)アルカリ・メタノール・アントラキノン蒸解廃液とクラフト黒液との比較 阿部 善作
1996 50 10 フローテーション法脱墨剤の開発 第3報 OA古紙脱墨に関する脱墨剤の構造と性能 正水 孝二
江川 純太
萩原 雅明
浮海 紀之
1996 50 10 機械パルプの微生物処理に関する研究(第8報)Phanerochaete chrysosporiumとFusarium solaniの細胞融合による機械パルプの光による色戻り抑制能を持つ融合菌作出の試み 橘 燦郎
和田 みゆき
伊藤 和貴
伊藤 智仁
沖 妙
1996 50 10 乾燥工程における個々のドライヤーの負荷の研究 西村 雅夫
1996 50 10 最近の計装の話題(第5報) センサについて 本間 忠一
1996 50 11 第3回環境セミナー 開会挨拶 塩入 明
1996 50 11 新パルプ工場における節水対策について 田巻 昭夫
1996 50 11 白水回収装置 加藤 仁
1996 50 11 水回収とスライムコントロール 忠 錦吾
杉 卓美
1996 50 11 酸素活性汚泥法による製紙排水の処理 本田 一好
植田 誠
竹倉 紘一
1996 50 11 紙・パルプ廃水におけるADシステムの処理技術 武部 尚市
1996 50 11 生物処理設備の効率向上 吉富 泰
1996 50 11 紙・パルプ産業におけるプロセス水の処理と再利用 Göran indholm, M.Sc
1996 50 11 紙パルプ産業の環境対策の現状と課題 恩田 怡彦
1996 50 11 産業廃棄物行政の動向 由田 秀人
1996 50 11 森林と環境--生物資源の持続的な生産のための重要な森林-- 佐々木恵彦
1996 50 11 紙パルプ工場の生産廃棄物実態調査(平成6年度) 環境技術委員会
環境保全委員会
1996 50 11 第3回環境セミナー ラウンドテーブルディスカッション 環境技術委員会
1996 50 11 騒音と振動の基礎と測定 鈴木 克己
1996 50 11 騒音、振動、低周波音予測シミュレーションの実際 藤井 圭次
1996 50 11 製紙工場から発生する騒音とその防止対策 工藤 信之
1996 50 11 1996年TAPPI国際環境会議報告 宮島 俊雄
荒木 廣
田口 徹
1996 50 11 ダイオキシン96参加報告 重本 匡史
1996 50 11 製紙工程における寸法安定性の予測について --ウェッブ収縮計の開発-- 轟 英伸
畑野 昭夫
阿部 裕司
竹内 伸夫
1996 50 12 第2回製紙技術セミナー 開会挨拶 大庭 諭
1996 50 12 高速コーターの塗工液の基礎と応用 西岡 利恭
1996 50 12 高速広幅コータのコータヘッド 若年 弘人
三浦 洋司
1996 50 12 高速、広幅コータのコータヘッド --給液システムの種類と特徴、ブレード計量の原理と機能-- 森田 博文
1996 50 12 コーティングカラーの乾燥に対する赤外線ドライヤーの用途 Georges J. Quenard
大塚 進司
1996 50 12 塗工設備用エアドライヤー 石塚 克己
1996 50 12 コータのエアドライヤーについて 若年 弘人
三浦 洋司
1996 50 12 ソフトカレンダの作用と構造--住友-バルメットのソフトカレンダー 結城 幸一
1996 50 12 ソフトカレンダーの最新技術 Peter Svenka
小野 豪臣
1996 50 12 スーパーカレンダーについて 神宮路 正
1996 50 12 マイクロキャンバー型クロムめっき被覆コーターブレードの特徴 高岸 久和
中山 恵次
1996 50 12 ソフトカレンダー用樹脂ロールについて--YCRの基本性能および今後の高速マシンへの対応-- 中山 健次郎
渡辺 篤雄
1996 50 12 ソフトカレンダーのカバー材質--将来を展望した素材の設計について-- 山田 和夫
1996 50 12 先進の塗工と仕上げテクノロジー--塗工・仕上げ工程における計測と制御の新技術紹介-- 中村 哲
1996 50 12 木材腐朽菌によるバイオレメディエーション(I)ダイオキシン分解能を有する菌のスクリーニングおよび選抜した菌と数種の木材腐朽菌による2,7-ジクロロジベンゾ-p-ダイオキシンの分解 橘 燦郎
大川 浩樹
伊藤 和貴
沖 妙
平林 達也
1996 50 12 高速ブレードコーターの制御 --コーターにおける塗工量制御とソフトカレンダにおけるキャリパ制御-- 朝賀 眞
1996 50 12 化学改質したチオリグニン抗菌活性 山田 まゆみ
中野 準三
種田 英孝