HOME > 紙パルプ技術協会のご案内 > 紙パルプ技術協会の概要
 
 
 
 
 
 
 
 
創 立 昭和22年(1947年)2月14日
名 称 紙パルプ技術協会 (略称 紙パ技協)
英文名 Japan Technical Association of the Pulp and Paper Industry
(略称 JAPAN TAPPI)
所在地 〒104-8139
東京都中央区銀座 3-9-11(紙パルプ会館11階)[協会周辺地図はこちら]
TEL 03-3248-4841
FAX 03-3248-4843
URL http://www.japantappi.org
会 則 紙パルプ産業とその関連産業に関する技術とその基礎となる学問の交流を促進することにより、会員相互の知識を啓発し能力を向上し、併せてこれらの産業の発展を図ることを目的とする。その目的を達成するため次の事業を行う。
1.講演会、シンポジウム、見学会などの開催
2.団体又は個人の表彰
3.研究、試験、調査、発明、発見の紹介
4.技術の指導、情報の収集、規格の審議及び制定
5.会誌及び図書の刊行ならびに収集
6.その他必要な事項

組 織

当協会は日本学術会議法に定める学術研究団体である。同様の組織は、世界の主要な紙パルプ生産国に一団体ずつあり、当協会は我が国を代表している。1947年創立以来、会誌である紙パ技協誌を毎月発行し、全て電子化してデータベースを構築している。査読論文は博士号取得の要件を満たしている。理事・監事は30名で製紙会社技術系役員のトップ、大学教授、国公立研究機関の上級管理職である。20の委員会が講演会、シンポジウム、出版、表彰、試験規格、特許抄録などの事業を企画運営している。各委員会は製紙会社の技術系管理職、大学准教授、国公立研究機関の研究者で構成され、高度な専門知識を有している。会員は約3,000名で紙パルプ技術の分野では国内最大級であり、ISO/TC6の国内審議団体となっている。

会 員

平成29年(2017年)3月31日現在
維持会員: 29社
賛助会員: 145団体
個人会員: 2625名(学生会員を含む)
海外会員: 31名
国内名誉会員:13名
海外名誉会員: 3名

維持会員
(50音順)
愛媛製紙 王子エフテックス 王子ホールディングス 王子マテリア
大阪製紙 岡山製紙 加賀製紙 北上製紙 KJ特殊紙 興亜工業
大王製紙 大福製紙 立山製紙 中越パルプ工業 東邦特殊パルプ
特種東海製紙 巴川製紙所 日清紡ペーパープロダクツ ニッポン高度紙工業
日本製紙 日本製紙パピリア 兵庫パルプ工業 北越紀州製紙 丸三製紙 丸住製紙 三木特種製紙 三菱製紙
リンテック レンゴー

賛助会員 1.関係官公庁および国公立研究機関
2.紙パルプ製造に関する設備、機器、用具、資材、薬品などの製造および販売会社
3.紙パルプ製品のユーザーおよび販売会社
4.紙パルプ技術に関する出版会社
5.その他紙パルプ製造技術に関する会社および団体
 
紙パルプ技術協会役員名簿 平成29年(2017年)7月7日現在
 
 
紙パルプ技術協会 お問い合わせ先   03-3248-4841   03-3248-4843       http://www.japantappi.org
PDFファイルの閲覧にはAcrobat Readerが必要となります。
アドビシステムズ株式会社のサイトにおいて無償で提供されています。
Copyright (C) 2004 Japan Tappi. All Rights Reserved.