1984年 紙パ技協誌 目次

[プリント用ページ]
表題 著者
1984 38 01 年頭のごあいさつ 伊東 祐正
1984 38 01 昭和58年度年次大会全般報告 総合企画専門委員会
1984 38 01 基調講演 伊東 祐正
1984 38 01 昭和57年紙パルプ技術協会及び印刷局朝陽会賞受賞者  
1984 38 01 昭和57年紙パルプ技術協会賞受賞者あいさつ  
1984 38 01 高度情報通信システム(INS)について 田邉 正通
1984 38 01 紙の劣化問題の現状と劣化機構 臼田 誠人
1984 38 01 原質分科会 概況  
1984 38 01 P.S.A.酸素(低純度酸素)を使用した酸素漂白について 福田 格
1984 38 01 新設高温高圧回収ボイラーについて 福田 英雄
1984 38 01 ソルボリシス新パルプ化法の展望 浅岡 宏
青柳 哲夫
1984 38 01 抄紙分科会 概況  
1984 38 01 シムフォーマーFの操業経験 神長 秀水
1984 38 01 シンチャンネルヘッドボックス操業経験 河内 八朗
1984 38 01 ワイヤー上のストックの挙動について 青木 宏夫
1984 38 01 高濃度抄紙及び乾燥方式改善に関する技術問題 野村 忠義
1984 38 01 工場見学記・神崎製紙・富岡工場 会誌編集委員会
1984 38 02 最近のパルプ化技術(W)サルファイト法、ソーダ法の技術動向 山口 章
1984 38 02 カラム充填剤としての多孔性セルロース 空閑 重則
1984 38 02 紙・パルプ用の非木材繊維について 鈴木 卓
1984 38 02 王子製紙・苫小牧工場 王子製紙
1984 38 02 東英電子工業株式会社 東英電子工業
1984 38 02 しいたけ廃ホダ木の有効利用--酵素糖化およびクラフトパルプ化 玉井 篤
西田 篤実
広居 忠量
1984 38 02 アルカリ一酸素蒸解に関する研究(第2報)稲わらパルプ製造のためのアルカリ浸漬条件と酸素蒸解条件について 戸坂 圀夫
林 治助
1984 38 02 マイクロコンピュータによるWet End Chemistryのためのデータ処理システム 第2報--構造化プログラミングによるコロイド滴定法のためのパッケージソフトウェアの開発-- 尾鍋 史彦
1984 38 03 最近のパルプ化技術(X)KP法の技術動向 山口 章
1984 38 03 東北製紙・秋田工場 東北製紙
1984 38 03 セルロースアセテート分離膜 梅林寺 良一
1984 38 03 PPRIC 留学記 岩瀬 広徳
1984 38 03 1983年国際製紙物性会議参加報告 岡川 章夫
1984 38 03 国連環境計画:1983年世界環境の実状 国中 洋治
1984 38 03 J.TAPPI紙パルプ試験方法 No.42−84 木材パルプ及びパルプ材の炭水化物組成分析方法(ガスクロマトグラフ分析による方法)  
1984 38 03 ソルボリシスパルプ化(第2報)クレゾール-水系によるアカエゾマツのソルボリシスパルプ化とそのシート特性 榊原 彰
枝重 有祐
1984 38 03 パルプ廃液処理に関する研究(U)クラフトパルプ塩素処理廃液の急性毒性とその安定性 鮫島 一彦
高村 憲男
1984 38 03 パルプ製造時の温帯産材抽出成分の挙動(第6報)--スギクラフトパルプの漂白改善法 三浦 一憲
住本 昌之
1984 38 04 最近のパルプ化技術(Y)新規なパルプ化法 山口 章
1984 38 04 本州製紙・松本工場 本州製紙
1984 38 04 日本ソリッド株式会社 日本ソリッド
1984 38 04 紙パルプ生産におけるリサイクリング--1983年プラハEUCEPAシンポジウム 大江 礼三郎
1984 38 04 紙パルプ産業における環境保全状況(T)紙パルプ環境と地域環境 環境保全委員会
1984 38 04 1983 日加技術交流報告--1983 Energy Conservation Conferenceと工場見学記 岡川 章夫
1984 38 04 欧米の製紙工場(Y)(11)British Coloumbia州のパルプ工場、製紙工場、(12)MacMillan Bloedel社Harmacパルプ工場 米谷 稔
1984 38 04 Klason lignin定量法の改良法

吉原 一年
小林 武
藤井 利郎
赤松 勲

1984 38 04 重包装袋用紙としての紙の力学的性質(W) 大場 富美雄
1984 38 04 マイコンを用いたディジタル画像処理法のパルプサスペンション解析への応用 第1報:リアルタイム・ディジタル化レベル選択装置の設計 尾鍋 史彦
1984 38 05 最近のパルプ化技術(Z)回収・製薬工程の技術動向 山口 章
1984 38 05 山陽国策パルプ・旭川工場 山陽国策パルプ
1984 38 05 J.TAPPI紙パルプ試験方法 No.43−84 製紙用パルプ、古紙パルプ及び紙のきょう雑物試験方法(自動計測法)  
1984 38 05 紙パルプ産業における環境保全状況(U)大気汚染防止に関する規制と対策の推移 環境保全委員会
1984 38 05 欧米の製紙工場(Z)(13)Crestbrook Forest Industries社 Skookumchuckパルプ工場、(14)MacMillan Bloedel社 Port Alberniパルプ及び製紙工場 米谷 稔
1984 38 05 カナダ・サスカチュワン州のアスペン資源 パルプ生産と牧畜を両立させるという耳よりな話 福田 祐作
1984 38 05 有限要素法による紙の応力--ひずみ挙動の解析-- 木村 実
清水 弘
1984 38 05 酸性サルファイト法カバ材蒸解における蒸解反応の律速段階 鈴木 勉
戸坂 圀
林 治助
1984 38 05 和紙抄造工程に及ぼすトロロアオイ粘質物とポリエチレンオキサイドの効果の違いについて 石川 久雄
大久保 克美
沖 妙
1984 38 06 日本紙業・高知工場 日本紙業
1984 38 06 三菱重工業株式会社 その1 三原製作所 三菱重工業
1984 38 06 紙パルプ産業における環境保全状況(V)水質汚濁防止に関する規制と対策の推移 環境保全委員会
1984 38 06 欧米の製紙工場([)(15) Finlay Forest Industries社本社パルプ工場(16) British Columbia Forest Products社Crofton工場 米谷 稔
1984 38 06 印刷性改善のための包括的な研究計画 M. Bruce Lyne
1984 38 06 紙の博物館だより 片切 勝
1984 38 06 アルカリ一酸素蒸解に関する研究(第3報)稲わらパルプ製造のためのアルカリ振掛け条件について 戸坂 圀夫
林 治助
1984 38 06 製紙工程のWet end Chemistryに関する研究(第1報)工場白水の理化学的性状に関する調査結果 田中 浩雄
1984 38 07 三菱製紙・中川工場 三菱製紙
1984 38 07 紙パルプ産業における環境保全状況(W)臭気防止に関する規制と対策の推移 環境保全委員会
1984 38 07 非水系溶媒の紙層への浸透--水系との対比 門屋 卓
1984 38 07 回収ボイラーのコンピュータ制御について 水林 峯雄
1984 38 07 第37回定時総会報告  
1984 38 07 第28回木材科学委員会セミナー報告 紙パルプ産業におけるマイコンの利用 村田 正男
1984 38 07 クラフト蒸解に関する速度論的研究(第5報)マングロープおよびユーカリの脱リグニン速度 久保 元伸
吉岡 英敏
玉生 征人
上埜 武夫
1984 38 07 種々のパルプ化法で製造した赤ラワン材パルプの強度的性質 Sanusi Djamal
小島 康夫
香山 彊
1984 38 07 じん皮繊維原料のシュウ酸アンモニウム蒸解に関する研究(第2報)薬剤処理量および処理温度について 高村 憲男
鮫島 一彦
1984 38 08 アラスカパルプコーポレーション・シトカ工場 アラスカパルプ
1984 38 08 紙パルプ産業における環境保全状況(X)騒音・振動防止に関する規制と対策の推移 環境保全委員会
1984 38 08 最近の漂白技術(T) 岩崎 誠
1984 38 08 KPプラントにおけるCRTオペレーションの問題点 柴野 隆三
1984 38 08 製紙工程のWet end Chemistryに関する研究(第2報)工場白水の理化学的性状に関する2、3の考案 田中 浩雄
1984 38 08 ツインワイヤーフォーミングシューのコンピュータ解析 宮西 孝則
飯田 清昭
岩津 徳衛
1984 38 08 硫酸ナトリウムと二酸化硫黄を蒸解薬液とするケミメカニカルパルプ(SOXパルプ)(第4報) ジャイアントイピルイピルのSOXパルプ 御田 昭雄
佐伯 剛
河村 英司
今井 重明
1984 38 09 本州製紙・熊野工場 本州製紙
1984 38 09 三菱重工業株式会社 その2 長崎造船所 三菱重工業
1984 38 09 紙パルプ産業における環境保全状況(Y)廃棄物の処理、処分に関する規制と対策の推移 環境保全委員会
1984 38 09 最近の漂白技術(U)MP,DIPの漂白技術動向 岩崎 誠
1984 38 09 紙パルプ産業における微生物利用についての考察 鈴木 卓
1984 38 09 製紙工程のWet end chemistryに関する研究(第3報) 田中 浩雄
1984 38 09 白ラワン抽出成分の分散と凝集(第1報)電解質の影響 高山 幸夫
高橋 貢
岡川 章夫
1984 38 09 未晒パルプのオゾン漂白に関する研究 オゾンに対するグリコシド結合の挙動 高山 幸夫
高橋 貢
岡川 章夫
1984 38 10 コロイド滴定におよぼす塩類の影響 田中 浩雄
1984 38 10 大興製紙 大興製紙
1984 38 10 市川毛織株式会社 市川毛織
1984 38 10 J.TAPPI紙パルプ試験方法 No.44−84 製紙用さらしパルプの粘度測定方法  
1984 38 10 最近の漂白技術(V)KPの塩基系漂白化技術動向(その1) 岩崎 誠
1984 38 10 上質紙の填料添加についてのスウェーデンの最近の研究 Kjell Andersson、 
Hans Larsson
1984 38 10 第4回エネルギー実態調査報告 その1 エネルギー委員会
1984 38 10 サーモメカニカルパルプシートの空孔構造 --主として水銀圧入法による検討-- 大竹 利則
臼田 誠人
門屋 卓
1984 38 10 セルロースの希硫酸法加水分解における糖収率と濃度の経済性に及ぼす影響について 小川 博嗣
1984 38 10 製紙用麻類の構造について(第7報)亜麻靱皮繊維ホロセルロースの特性 原 啓志、 
大江 礼三郎
1984 38 11 コロイド滴定におよぼす塩類の除去法 田中 浩雄
1984 38 11 名古屋パルプ・岐阜工場 名古屋パルプ
1984 38 11 J.TAPPI紙パルプ試験方法 No.45−84 新聞用紙の印刷後不透明度試験方法  
1984 38 11 最近の漂白技術(W)KPの塩基系漂白化技術動向(その2) 岩崎 誠
1984 38 11 第4回エネルギー実態調査報告 その2 エネルギー委員会
1984 38 11 紙の評価について 門屋 卓
1984 38 11 バッチ釜におけるアルカリセンサーの活用 木村 邦昭
1984 38 11 昭和58年度における大学・官公庁研究機関の研究題目に関する調査結果 木材科学委員会
1984 38 11 製紙用麻類の構造について(第8報)亜麻パルプの特性 原 啓志
1984 38 11 ロジンを原料とする中性サイズ剤の検討 周 大斌
遠藤 洋一
岩田 珠美
大江 礼三郎
1984 38 11 赤ラワン材化学パルプのオゾンと過酸化水素による漂白 Sanusi Djamal
小島 康夫
香山 彊
1984 38 12 セニブラ社ベロ・オリエンテ工場 日伯紙パルプ資源開発
1984 38 12 日本フィルコン株式会社 日本フィルコン
1984 38 12 J.TAPPI紙パルプ試験方法 No.46−84 紙及び板紙の印刷インキ(K&Nインキ)受理性試験方法  
1984 38 12 最近の漂白技術(X)KPの酸素漂白技術動向 岩崎 誠
1984 38 12 塗工紙品質に及ぼすバインダーの影響 内田 明
1984 38 12 活性汚泥による臭気排水の脱臭操業経験 大森 俊二
1984 38 12 白ラワン抽出成分の分散と凝集(第2報)パルプおよび填料への吸着 高山 幸夫
高橋 貢
岡川 章夫
1984 38 12 シミュレーションによるKP蒸解条件の考察 小島 御幸
青井 順三
土屋 寛
長沢 武夫
1984 38 49 差動トランスを用いた紙厚測定法について 木村 実
松井 真也
門屋 卓